これがブラックホール流。おいしい焼肉の秘訣。~ブラックホール誕生の裏側には、おいしい焼肉への愛情とこだわりがあった。

01

すべては「I LOVE YAKINIKU!!」から

週に何度でも焼肉でもいい。おいしいと噂を聞いたらすぐに食べに行く。妻との数少ない外食、会社の打ち上げも焼肉だ。ついには顔と頼むメニューまで覚えられた。ちょっと恥ずかしいけど一人焼肉でもいい。そんな屈指の焼肉好きたちが集まり、食べ歩きのチームを結成。肉の部位を見て、その味と品質がわかるようになったころ、自分たちで焼肉を提供したいと思い始めました。

02

焼肉は塩専門。だから素材が活きる。自分仕立ての味ができる。

焼肉店の開店にあたり、さらに加速度を増して様々な焼肉店にお邪魔しました。日本には素晴らしいお店がたくさんあります。圧倒的な肉の質、絶妙なタレのバランス、ご主人のこだわりと愛情。しかし、その焼肉戦国時代の中で、自分の好みに合わせて味を変えられる焼肉がないことに気が付きました。そんな自分仕立ての味と、素材を活かすことへのこだわりがたどり着いたのが、塩焼肉です。

03

ブラックホール流の塩焼肉とは?

肉の素材を活かすのは、シンプルな塩が一番いい、というのが私たちの結論です。正直な塩での提供は、肉本来の持つ香りや旨味を引き出します。そして、醤油ベースで甘さの中に旨味が詰まった黒ダレ、具入りの熟成黒ごま油、脇を彩る8種類のネギとともに自分仕立ての焼肉を楽しんでいただく。自分の好みで味を選択できるという演出こそが、ブラックホール流です。皆様にとっての究極の味をお探しください。

04

徹底した肉へのこだわり。

素材選びにあたっては、「肉道半世紀」の信頼できる肉の職人の師事を受け、解体を勉強いたしました。枝肉から解体する上で、価格、質が一番合うものを選定しています。また、皆様に同じ価格、同じ質で提供するために、肉は様々な産地から最適なものを選んでおります。部位ごとに産地やランク、個体識別番号の表記をしておりますので、ご興味のある方は店内でご確認ください。

05

ブラックホールの由来。

ブラックホールといえば、重力が強く、何でも飲み込んでしまい、そこからは決して抜け出せない未知の空間。私たちが提供する和牛塩焼肉の魅力を、一度ハマると抜け出せないブラックホールになぞらえました。まだたどり着いたことのない極上の一枚と出会い、新しいおいしさを発見してもらえればと思います。

焼肉を心底愛している焼肉好きだからこそ、素材と味に厳しいお客さんの目を持ちながらおいしい焼肉を提供できるのです。

全国の焼肉店の調査や美味しい焼肉を生み出すための試行錯誤を繰り返しながら、ブラックホール流の塩焼肉にたどり着きました。

素材の良さを活かす。これが私たちが一番こだわっているところです。その結論の一つが、塩焼肉なのです。

肉を引き立てる大事な脇役がネギです。ブラックホールでは、8種類のネギをご用意し、タレや黒ごま油とともに、自分仕立ての焼肉が楽しめます。

肉の解体を経験しているからこそ、コストパフォーマンスに優れたおいしい素材が見分けられるのです。

おいしい焼肉をゆったりと楽しめるよう、店内を設計しています。皆様のご来店を心よりお待ちしています。

ページの先頭へ